糖尿病看護認定看護師

糖尿病看護認定看護師とは、糖尿病看護の分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践ができ、看護現場における看護ケアの広がりと向上を目指しています。
以下の3つの役割を果たします。

  1. 個人・家族及び集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践します
  2. 看護実践を通して看護職に対して指導を行います
  3. 看護職に対してコンサルテーションを行います

原田 和子

2007年、糖尿病看護認定看護師に認定されました。その後、糖尿病看護外来・フットケア外来を開設し、現在は糖尿病看護外来にて、糖尿病患者さんへの療養支援を行っております。1型糖尿病患者さんへのインスリン自己調整支援や、CSII・SAP療法支援等も行っております。患者さんが自己決定して治療できるよう、寄り添い支援させていただいております。

 血糖値が落ち着かない、新たな治療法の情報が欲しい、等不安なことや知りたいことなどありましたら、気軽にお声掛けてください。

f_00_04_img_1

柞木 里美

2004年、糖尿病看護認定看護師に認定され、2015年に当院に入職しました。

自分の思い描く人生を全うするために、血糖値をどれくらいにコントロールしたいのか、患者さん自身が立てた目標に寄り添い、目標に向けて一人一人の患者さんと日々、向き合っています。

f_00_04_img_2

糖尿病療養指導士

糖尿病とその療養全般に関する知識を持ち、医師の指示のもとに患者さんに熟練した療養指導を行うことのできる医療従事者のことです。

f_00_04_img_3
f_00_04_img_4

日本糖尿病療養指導士認定機構から認定されているのが日本糖尿病療養指導士(CDEJ)、宮崎県内で認定されているのが宮崎地域糖尿病療養指導士(CDEL)です。
当院には、日本糖尿病療養指導士が24名(看護師・管理栄養士)、宮崎地域糖尿病療養指導士が41名(うち20名はCDEJも併せ持っています)おります。看護部、栄養管理室をはじめ、検査室・放射線科等様々な部署で患者さんへより細かな熟練した療養指導が行える体制を整えています。

健康運動指導士

当院では看護師2名が健康運動指導士の資格を有しています。
それぞれの患者さんの状態に応じた、安全で効果的な運動を実施するための運動プログラムを、患者さんとともに考え、作成し提供します。
集団指導のみならず、個別指導も実施しております。お気軽にご相談下さい。

f_00_04_img_5

透析療法指導看護師(DNL)

私たちは、宮崎腎不全看護研究会で腎不全や透析についての勉強会を開催し活動しています。また九州各県のDNL代表者と交流を持ち情報交換を行っています。これらの活動や情報をもとに患者さんへの指導やスタッフ教育を行っています。

f_00_04_img_6

透析技術認定士

透析の技術、特にブラッドアクセス管理(観察の要点・穿刺技術・合併症予防や対症療法など)に力を入れて、スタッフ育成を行っています。患者さんの状態に応じた透析治療が提供できるよう、医師、臨床工学士とともに、on-lineHDF、off-lineHDF、i-HDFに関する透析技術の向上にも努めています。

f_00_04_img_7