院長ごあいさつ

院長

 当病院は、糖尿病専門病院として地域に根ざした医療に取り組んでいます。長期間治療が必要な糖尿病患者の場合、多くの合併症を併発することが多いため、専門科による様々な予防対策が必要です。

血糖が上がる原因は直接的には過食、肥満、運動不足ですが、突然のインスリン枯渇、インスリン分泌不良、インスリン抵抗性なども影響しており、しっかり理解することが大切です。糖尿病専門医師、糖尿病認定看護師、糖尿病療養指導士(看護師・管理栄養士)により糖尿病教室を定期的に開催しています。さらに肥満教室、透析予防教室、足病変予防・治療等も行っています。

もうひとつの当院の柱として、透析治療にも力を入れています。糖尿病腎症により透析治療が必要になることがありますが、糖尿病透析患者はさらなる動脈硬化防止にも血糖コントロールが必要です。また、予想される合併症の把握のため定期的に検査を行っています。

このように糖尿病専門病院として、一般病棟、療養型病棟の入院施設、透析部門・健診部門があり、患者さんの期待に応えられるよう日々の診療に心がけています。

病院長 長友 優尚